株式会社アラキ

雨でも安心!野球グランド整備に必要な吸水砂の効果と仕組みを解説

お問い合わせはこちら

雨でも安心!野球グランド整備に必要な吸水砂の効果を解説

雨でも安心!野球グランド整備に必要な吸水砂の効果と仕組みを解説

2024/03/31

野球の練習や試合は、晴天に限らず雨天でも行われることがあります。しかし、雨が降るとグランドが水たまりだらけになり、プレーの妨げになることもあります。そこで、吸水砂を使ったグランド整備が注目されています。本記事では、吸水砂がどのように効果を発揮するか、その仕組みについて解説していきます。雨でも安心して野球が楽しめるように、吸水砂の知識を身につけましょう。

目次

    雨の日でも安心!

    強い日差しの中での野球練習や試合は大変ですが、雨の中の野球はさらに難しくなります。でも、弊社の吸水砂があれば雨あがりでも安心して野球をすることができます。この吸水砂は、約70%の水を吸ってくれるので雨あがりで諦めていた試合ができるようになります。野球は、バッターボックス付近や塁ベースなどの内野の水気を取り除いてしまえば、試合ができると言っても過言ではありません。それも水気のある地面に吸水砂を撒いて後はなじませるだけ。普通の土を入れてみても吸水性がないのでグランドのぐちゃぐちゃは変わりません。ただ撒いてなじませるだけの簡単な作業をするだけです。そして、一番大切なことはいつ雨が降っても良いように吸水砂を備蓄しておくことをおススメします。是非とも、弊社の吸水砂で大切な試合が延期しないように準備をしてておいてください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。