株式会社アラキ
商品購入はこちら

「記録上盗塁がつかない!」こんな事実が野球には存在します。

「記録上盗塁がつかない!」こんな事実が野球には存在します。

2024/07/10

「記録上盗塁がつかない!」こんな事実が野球には存在します。実は全ての盗塁が記録されるわけではありません。

まず、盗塁とは、ピッチャーがバッターに対してボールを投げる際、その瞬間にランナーが次の塁に進むプレーのことです。しかし、特定の状況下ではその盗塁が公式記録として認められないのです。

その一つのケースは「守備側が無関心な場合」です。例えば、二死一・三塁でピッチャーがワインドアップした時、無条件で一塁ランナーが進塁する場合です。この状況では盗塁としてカウントされません。

もう一つのケースは「大量得点差で勝っている場合」です。例えば、9回表で15対1のスコアでリードしている場合にチームが盗塁を試みても、その行為は盗塁として記録されません。このような場合は既に勝敗が決しているためです。

これらの状況では、盗塁は「野手選択による進塁」とみなされます。このようなルールが存在することで、野球が紳士のスポーツとしての品位を保っていると感じます。

皆さんはどのような印象を持たれましたか?野球にはまだまだ多くの興味深いルールが存在します。

さあ、野球やろうぜ!

#野球
#盗塁
#スポーツルール
#記録
#守備
#野手選択
#紳士のスポーツ
#野球愛
#野球観戦
#野球ルール
#野球の基本
#野球雑学
#投球
#進塁
#ランナー
#チームプレー
#スポーツ
#野球ファン
#大型得点差
#勝敗
#野球の魅力
#スポーツマンシップ
#野球知識
#記録されない盗塁
#守備無関心
#大会
#スポーツ精神
#野球の楽しみ
#ルールの意味


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。