株式会社アラキ
お問い合わせはこちら

〇インフィールド用ブラシの種類

〇インフィールド用ブラシの種類

2024/01/18

〇インフィールド用ブラシの種類
野球用品専門店において、インフィールド用ブラシは非常に重要なアイテムです。これはグラウンドを整えるために欠かせないアイテムであり、守備の動作をしやすくするために必要なものです。 インフィールド用ブラシには、ソフトブラシとハードブラシがあります。ソフトブラシは、砂や土を柔らかくし、グラウンドを滑らかに整えるために使用されます。ハードブラシは、汚れや障害物を取り除くために使用され、砂や土をはじくことができるため、グラウンドをよりきれいに仕上げることができます。 また、インフィールド用ブラシには、馬毛製やナイロン製など素材も異なります。馬毛製は、伸びた草を刈り取り、しっかりと整えることができます。一方、ナイロン製は、耐久性があり、長く使えるため、コストパフォーマンスが高いです。 インフィールド用ブラシは、グラウンドを整える作業に欠かせないアイテムであるため、野球用品専門店での取り扱いには十分な注意が必要です。競技のロングライフを保つためにも、適切なブラシを選び、正しい使い方をすることが非常に大切です。

【1865日連続ブログ更新中】今準硬が熱い!

ほぼ野球専門店アラキスポーツの荒木康です

今準硬が熱い!

野球界で準硬と言えば準硬式野球を指します。

そんな準硬が今熱いのです。

何を隠そう2023年のドラフトで、準硬出身の高島泰都投手がオリックス5位で指名されました。

高島投手は、大学時代に準硬を経験し卒業後は社会人野球の王子に進み今回の吉報を受けました。

準硬を経てプロ入りするのは凄く珍しいので注目されたというわけです。

でも、準硬からいきなりプロ入りした選手もいます。

それは、大曲錬投手

大曲投手は、大学の準硬時代に35勝4敗という無双状態を誇り西武ライオンズから熱視線を受けドラフト指名されました。

いくら準硬で無双状態だったとはいえ、準硬にまで目を光らせていた西武のスカウトもさるものです。

このように、昨今では硬式、準硬、軟式の境が無くなってきてるような気もします。

軟式でもボールがより硬式球に近づいたことでどんどんレベルが上がってきました。

その昔は、硬式ができない人の受け皿として考えられていた感もありましたが、今では1つの競技として注目されるようにもなっています。

ということは、プロ入りへのすそ野もさらに広がったのかもしれません。

まだ準硬から野手はプロ入りしていませんので、もしそこの壁も超えたらいよいよ時代が動いたと感じざるを得ませんよね。

さあ野球やろうぜ!

#野球やろうぜ #砂  #吸水  # アクシスプロ  #瞬時 #グランド整備 #野球用品 #アラキスポーツ #新城 #スポーツショップ #近くのスポーツ用品店 #野球用品専門店 #野球グランド #野球場 #グランド #野球場 #グランド環境 #水はけ #グランドコンディション #整備作業 #雨上がり #乾かす #雨天 #順延 #スポンジ #ぬかるむ #最適な道具 #水を吸収 #メンテナンス #土 #野球チーム #準硬式野球 #硬式野球 #軟式野球 #準硬 #ドラフト #無双状態 #大曲錬 #高島泰都 #インフィールド #ブラシ #守備の動作 #柔らかく #競技 #コストパフォーマンス #草刈り #滑らかに

魔法の砂アクシスプロを買いたい人取り扱いたい人は、以下のどこからでも良いので連絡をお待ちしております!

【魔法の砂アクシスプロ広告動画】

https://youtu.be/bTtT2nnwmDE3

【ツイッター@arakisports】
https://twitter.com/arakisports

【facebook】https://www.facebook.com/arakisports60/?modal=admin_todo_tour

【LINE@  @jsd0700f  】
 
【Tiktok】
http://www.tiktok.com/@arakisports

【インスタ arakisports_60】
https://www.instagram.com/arakisports_60/?hl=


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。