株式会社アラキ
お問い合わせはこちら

堀越啓太の可能性

堀越啓太の可能性

2024/04/29

堀越啓太の可能性

皆さんは、堀越啓太という選手をご存じでしょうか。

一言で言うと、「可能性しかない若者」ということになります。

と言うのは、堀越さんは現在東北福祉大学野球部の2年生であり、大学1年時に162キロを記録した投手なのです。

162キロは非公式の記録でありながら、そのポテンシャルには否が応でも注目してしまいます。

そして、花咲徳栄高校時代から最速147キロを投げるパワーピッチャーではありましたが、そこまで注目するほどでもありませんでした。

ところが、高校野球を引退してから大学に入学するまでに155キロを計測するほど成長を遂げております。

この堀越投手は特別なケースかもしれませんが、私は特別だと思っておりません。

なぜなら、人は正しい身体の使い方さえできれば、現在の出力をすぐに更新できると思っているからです。

きっと堀越投手は、自分の身体の使い方を一気に掴んだのでしょうね。

このことは、他の選手にも言えることだと私は思います。

ボールに上手く力を伝えることができれば、遠くにも飛ばせるだろうし速いボールを投げられるようになるのではないかと考えます。

著しく変化するわけではないかと思いますが、筋力をつける前に自分の身体の使い方を学ぶのも良いかと思いますけどね。

皆さんはどうお考えになりますか。

さあ野球やろうぜ!

#野球しようぜ #砂  #吸水  # アクシスプロ  #野球 #グランド整備 #野球場 #グランド #高校野球 #東北福祉大学 #堀越啓太 #可能性しかない #体の使い方 #花咲徳栄 #160キロ #ポテンシャル #若者


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。