株式会社アラキ

雨で水たまりができた野球場のグラウンド整備の方法

お問い合わせはこちら

雨で水たまりができた野球場のグラウンド整備の方法

雨で水たまりができた野球場のグラウンド整備の方法

2024/03/15

あいにくの雨で、野球場のグラウンドには水たまりができてしまいました。グラウンドはプレーする上で非常に重要な要素であり、水たまりがあると危険な状態となります。そこで、この記事では雨で水たまりができた野球場のグラウンドを整備する方法について解説します。

目次

    水たまりの除去方法

    雨が降るとグランドに水たまりができてしまう場合があります。水たまりはプレイヤーの足元を滑らせたり、ボールの転がりを阻害したりするので、除去する必要があります。それよりも、野球の試合すらできないこともあります。それほど、野球にとって水たまりやぐちゃぐちゃなグランドは天敵なのです。ですので、試合をするのに水たまりを取り除いたりぬかるんだグランドの水気を取り除くのは必須だと言えます。一般的には、バケツやスポンジで水を取り除きますが、これがなかなかの重労働になります。そして、粗方の水気は取り除けますが、グランドのぐちゃぐちゃした土自体が改善される訳ではありません。そんな時は弊社が提供する吸水砂アクシスプロが最高の働きをしますので、是非ともお試しください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。